百合アニメや百合ゲームなど百合の情報サイト。ガチ百合からソフト百合まで百合好き全てに送ります。

百合ライフ

アニメ

アニメ「白い砂のアクアトープ」第1話ネタバレと感想|「キジムナーのいたずら」とは

更新日:

アニメ「白い砂のアクアトープ」第1話「熱帯魚、逃げた」の感想です。

日常系のアニメでありながらファンタジー要素もあり、雰囲気の良いアニメでした。

あの水族館で、色んなことが起こりそうですし、今後が楽しみです。

白い砂のアクアトープ第1話みんなの反応

第1話「熱帯魚、逃げた」を見た方々の声をまとめました。

P.A.WORKSの海や水のキレイさに対する声が多かったです。以前放送された「凪のあすから」も海がすごいキレイで、さすがP.A.WORKSって感じでした。

白い砂のアクアトープ第1話ネタバレ感想

沖縄っぽい雰囲気から始まり、ゆったりとした雰囲気が良かったです。

そして、アイドルの夢を諦めて帰り支度をする宮沢風花ちゃん。帰る途中で、沖縄のポスターを見つけて、行ってみることに。

沖縄で、怪しい占い師が…占いの結果、射手座を目指すと良い出会いがあるとのことで、行くあてもない風花ちゃんは占い師通りに射手座を目指します。

風花ちゃんは水族館に辿り着き、お魚を見ているとアイドルのときのことを思い出し、泣き出してしまいます。すると、水槽から水が流れ出し、風花ちゃんが水に飲み込まれます。

色んなお魚が泳ぐ中、風花ちゃんが漂う姿が幻想的で、キレイでした。

気がつくと元通りになり、目の前には少女、海咲乃くくるちゃんが。手を振って「もしかして、今見えてた?」

これは目の前の女の子のことじゃなく、今の幻想的な光景のことでしょう。くくるちゃんが言うには「キジムナーのいたずら」とか。

キジムナーというのは、沖縄の伝説の精霊だそうで、樹木の精霊とのことです。

最後に水族館の人手不足と聞いた風花ちゃんは「私をここにおいてください」と食いつきます。くくるちゃんのドン引きした「え…」がかわいかったです。

-アニメ

Copyright© 百合ライフ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.